海外インターンシップには申し込み期間があります。留学先の国や、受け入れ先企業によって異なるため、早めにパンフレットを取り寄せて募集要項を集めておきましょう!
HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪

自分にピッタリの留学先を見つけよう!留学エージェントWISHの資料を取り寄せてみました

留学先選びに悩んでいませんか?同じ費用をかけるなら絶対将来に効果的に活かしたい!

そこで、自分にピッタリの留学先を見つけるために、留学エージェントWISHの資料を取り寄せてみました。150ページくらいありましたが、その中で「おっ、これはいいぞ?」と僕が思った留学先を5つピックアップして紹介したいと思います。

そのまえにWISHってどんなエージェント?

一言でいうと、行って終わりな留学ではなく、きちんと将来に活かせる留学ができるエージェントです。

WISHは1987年設立。30年間、留学サポートを全国展開している優良エージェントの1つです。世界10カ国21都市に現地オフィスがあり、日本人スタッフが常駐。24時間日本語電話サポートもついていて「初めての留学」にも安心です。

留学出発前にWISHの英語講師による英会話レッスンを受けることもできたり、留学帰国後にはその後のキャリアアップサポートも用意されています。

失敗したくない人のための留学先5つ!

WISHの資料を読んで「これはいいぞ!」と思った留学先を5つピックアップしてみました。留学先選びで迷ったらチェック!

ケアンズ(オーストラリア)

世界最大の珊瑚礁群グレートバリアリーフで有名なケアンズ。日本からも近いケアンズはリゾート留学、ワーキングホリデーの滞在先として人気です。

街は小さいけれど、海がとにかくキレイ。オーストラリアでは物価安め、よくもわるくも田舎。

 こんな人にオススメです

  • ホテル、レストラン、レジャー関係の仕事がしたい人
  • なるべく最安値で行きたい人
  • 特殊な目的(スクーバインストラクターなど)で行きたい人

メルボルン(オーストラリア)

オーストラリアの第2の都市!(第1はシドニーです)。ミニロンドンと称されるほど英国調でオシャレな街並み。世界で最も住みやすい都市ランキングでは、毎年上位をキープするほど。

全体的に文化的雰囲気のある街で、日本人が少ない。色とワインが有名で、コーヒーやカフェ好きにもおすすめです。

バンクーバー(カナダ)

都会と自然が融合した美しい街。カナダの西の玄関口と呼ばれ、近代的な大都市でありながら、水辺の風景や緑の多さが際立つ、自然に恵まれた街です。冬は市バスで30分ほどでゲレンデに行くこともできます。

留学生に人気1.Noの都市です。住みやすく治安もいいです。都会ならではのイベント、ウィンタースポーツ、アメリカのシアトルにも近いので、滞在を満期できる要素がたくさんあります。

プリンスエドワード島(カナダ)

プリンスエドワード島はカナダで一番小さな州。絵本に出てきそうな美しい風景がそのまま残っている小都市です。赤毛のアンの舞台としても有名で、かわいらしい街並みの中でゆっくり英語を学ぶ環境があります。

島民はフレンドリーで、新日家、ゆっくりとした時間が流れているため、マイペースタイプの方にオススメです。

マルタ(Malta)

マルタはヨーロッパの穴場的リゾート。近年留学先としても、その過ごしやすい気候と生活物価の安さ(通貨はユーロ)から人気が高まっています。気候は通年温暖、観光スポットやきれいなビーチもたくさんあります。

ゆったりとした生活を好むマルタの人はフレンドリーで親日家も多く、治安もいいです。また教育水準が高いのもマルタの特徴で、しっかりと勉強したいけど、マリンスポーツやリゾートも楽しみたいという方にうってつけの留学先です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?留学先選びは迷うものですが、選び方の参考として「自分が毎日そこで過ごしたいと思うか?」を基準にして、まずは行き先をざっくり選ぶと、自ずと自分にピッタリな国が見つかります。

せっかく同じ費用を出すなら、勉強しながら楽しく過ごせる留学ライフを送りましょう!単なる勉強じゃない留学経験は、後々大きな糧となってあなたを後押ししてくれます。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

留学先には、受け入れ条件や定員数があります。就きたい職種が締め切られて応募できない!と、後々焦らないように、早めにパンフレットを取り寄せて確認しておきましょう!
HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪