海外インターンシップには申し込み期間があります。留学先の国や、受け入れ先企業によって異なるため、早めにパンフレットを取り寄せて募集要項を集めておきましょう!
HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪

留学先は比較で選ぶ!無料パンフレットを取り寄せてみました

留学準備の第一歩は、留学先を選ぶことです。

インタ−ネットで探して選ぶこともできますが、パンフレットのような紙媒体が手元にあった方が、家族や友達と相談しながら選びやすいです。

そこで「留学生活」というサービスを実際に使って、パンフレットを一括で取り寄せてみました!とても便利でしたので、その流れを紹介していきます。

1. あなたに会う留学先を比較しよう!

留学を考えている人には、色々な理由があります

 本場の語学学習で、英語が話せるようになりたい

 ワーホリで海外に出て、自分の可能性をみつけたい

 現地で就職、または帰国後に外資系企業で働きたい

など、人によって留学する理由はさまざまです。

 

留学してみようかな」と思ったあなたが、まずやるべきことは、数ある留学先を比較して、あなたの目的に合った留学先を見つけることです。

 

留学先にも色々あって、

 8週間ほど語学学校に通いながらホームステイして英語を身につけるプラン

 16週間ほどアルバイトやインターンシップで仕事を通して英語力を磨くプラン

 専門職(ダイバー、ホテルマン、バリスタなど)の実務経験を積むプラン

選ぶ先によって、身につけられるスキルの種類も違ってきます。

 

そこで、どんな留学先があるのか??一気に調べるために、留学パンフレットをまとめて取り寄せて「比較する」ことをはじめにします!

せっかくの留学、成功させたいし周りのみんなに応援してもらいながら気持ち良く出発してもらいたいです。パンフレットを眺めながら、両親や友達ともあれこれ話しあってみると、案外自分では気づかなかったものに興味がでてきたりして楽しいです。

 

行く、行かないに関わらず、どんな留学先があるのか情報は調べておきましょう!

2. 留学資料の取り寄せはこんなに簡単!?

というわけで、まずは留学パンフレットを取り寄せてみます。

色々方法はありますが、今回は「留学生活」を利用します。この「留学生活」は、有名は留学応援企業や団体から、一括でパンフレットをお取り寄せできるサイトです。

提携している企業を見てみます↓↓

と、全国の主要な留学エージェントのパンフレットをまとめて取り寄せることができます。

こちらが資料請求のトップページになります↓↓

HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪

「留学のパンフレットを取りよせる(無料)」を押すと、「行きたい国を選ぶ」「留学目的を選ぶ」の画面に進みます。

「職業を選ぶ」であなたの職業を選択します。僕は大学生にしました(笑)

下のピンク色のボタンを押して、次に進みましょう!

3. パンフレットのお届け先住所を入力しよう!

次に、パンフレットを送ってもらう住所を入力していきます。

こんな感じで、送り先の情報を入力します。

「留学予算」「渡航予定時期」「渡航予定期間」は、おおよそでも大丈夫です。

住所を入力すると、あなたに適した留学エージェントを絞ってくれます。自分一人で近場の留学エージェントを探すのは、結構大変。でもこのサイトは自動で見つけてくれるのでラクチンです!

最後に、ピンクの「この内容で送信」ボタンをクリックすれば完了です!

4. パンフレットが届いた!その後はどうすればいい?

サイトからパンフレットを請求すると、早ければ翌日に速達で届くところもあります。

パンフレットはまとめて届くのではなく、バラバラに届きます。

有名な企業はさずがに対応がはやくです。「え、もう来たの?」ってちょっとびっくりする速さで届きます。

便利なところが、あなたが入力した住所に合わせて最寄りの留学エージェントの営業所も案内してくれるところ。

パンフレットを読んで興味が沸いたら、実際に足を運んで詳しい話を聞くこともできます。もちろん強制ではないので、ひつこく勧誘されるようなことはありません。

あなたがまだ留学することをご両親に相談できていない場合、自宅にいきなりパンフレットが届くと「あんた留学するの!?」と驚かれてしまいます。

大抵の場合、ひとりで留学を決めることは難しいため、事前にご家族と相談をしてから、パンフレットを並べて話し合う機会を作りましょう。

5. 留学費用をチェックしよう

パンフレットが届いて、まずチェックするところは留学費用です。

このサイトでも行き先に応じた留学費用はまとめていますが、あなたがどんなカリキュラムを選択するのか、どこの留学エージェントを利用するかによって変動してきます。

具体的な留学先での行動スケジュールもパンフレットに載っていますので、合わせてよく確認しましょう。

料金について詳細が分からない場合は、メールまたは電話で留学エージェントに問い合わせましょう。メールでも回答してくれるので、電話がちょっと抵抗がある場合も安心できます。

6. 体験談を読んで留学先のイメージをつかもう!

パンフレットには、実際にそこに留学した人の体験談が載っています。あなたがはじめて留学をする場合、想像よりも仲間がいっぱいいることに驚くかもしれません。

留学先の国やどんな語学学校を選ぶかにもよりますが、例えば

 日本人留学生が多いところ(または少ないところ)

 日本人講師がいるところ(またはいないところ)

 語学学校の規模(小規模〜大規模)

などのリクエストができます。

自分の希望に近い留学体験をしている人の体験談を読んでみると、具体的にイメージがつかめるので、留学先を絞る際に役立ちます。

実際に興味がある留学先が絞れたら、留学エージェントに聞いてみましょう。パンフレットには書けないような話もたくさんあるので、より濃い情報を集めることができます。

7. 電話がかかってきたらどうするの?

パンフレットを請求すると、電話がかかってくる留学エージェントもあります。

大抵が、パンフレット送付先の確認や、どこの国のパンフレットを希望しているか、などの用事でかかってくることが多いです。

「え〜電話がかかってくるのは嫌だな」

と思う場合もあるかもしれませんが、逆にその留学エージェントの電話対応を聞いて信用できそうなところか確かめるチャンスでもあります。

もし「電話が来ても困るなあ」というときは、「まだパンフレットが届いたばかりなので、まずは家族とじっくり読んで相談したいです」と言えばOK!

今回紹介する「留学生活」では、しつこく勧誘してくるような留学エージェントはないので、安心してください。

 

ということで、まとめると

  1. まずは留学先比較から!パンフレットを取り寄せる
  2. だいたい数日以内に届く。早ければ翌日に届くところある
  3. 電話がかかってくる場合もあるけれど焦らず対処

こんな手順になります!

色んな留学先を見比べて、ぜひあなたにピッタリな留学先を見つけてください!!

HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪

資料請求のよくあるQ&Aについて

ここでは、サイトによくお問い合わせのある質問と回答をまとめています。

パンフレットを取り寄せたら、チラシやハガキがそのあと届いたりしないか怖いです

僕もこれまで10校以上のパンフレットを取り寄せましたが、長期間にわたってダイレクトメールや営業のチラシが届くことは経験していません。届くとしても、最初のパンフレットと、「留学先はお決まりですか?いつでも相談承ります」というEメールぐらいです。Eメールも勝手にメールマガジンに登録されるようなことはありませんので安心してください。

電話がくるのが嫌で、資料請求をためらっちゃいます。実際どんな感じでしたか?

そのお気持ち分かります、僕もそうでした(笑)電話って緊張しますよね、なにか売り込まれるんじゃないかって。僕が実際に電話をいただいたときには、①希望の留学先②時期③期間、などの質問がありました。留学先のこれといった希望もなかったので、「とりあえず資料をください!見てから考えます(笑)」と言ったら、5分くらいの電話で終わりました。電話でいきなり「留学申し込みしてください!」なんて売り込みはありませんので大丈夫っす!もっとも、そんなセールスしてたら誰も留学してくれないと思いますね(苦笑)

留学したいけどお金がない

留学ローンを組めるエージェントもありますが、僕はオススメしません。留学が終わってからが大変だからです。留学ローンを組むくらいなら、たとえばクレジットカードの分割払いを利用するほうがマシです。でも、一番良いのは、無理のない予算内で留学すること。フィリピン留学なんかは想像よりもずっと安く行けます。英語もネイティブですし、なかなか穴場です。興味があればチェックしてみましょう。

パンフレットをみると、どこの国もよさそうで迷います(悩)

これ、分かります。どこのパンフレットも魅力的に見えますよね。留学先選びなのですが、次のことを考えながら選んでみてはどうでしょう? ①長期留学か? 短期留学か? ②勉強中心なのか? 仕事中心なのか? ③田舎がいいのか? 都会がいいのか? たとえば、短期留学で勉強中心で田舎がよければ、ケアンズとかいいかな〜と僕個人的には思いますね。あるいは長期留学で仕事中心で都会がよければ、シカゴなんてどうでしょうか。僕がシカゴに住んでいたということもあるのですが、ビジネス中心なら都会の方が充実しているのは事実です。もちろん学費との兼ね合いもありますので、そのあたりはよくご両親と話し合いましょう。

HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

留学先には、受け入れ条件や定員数があります。就きたい職種が締め切られて応募できない!と、後々焦らないように、早めにパンフレットを取り寄せて確認しておきましょう!
HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪