海外インターンシップには申し込み期間があります。留学先の国や、受け入れ先企業によって異なるため、早めにパンフレットを取り寄せて募集要項を集めておきましょう!
HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪

女性に人気!オペア(家事代行)という、留学なのに儲かる仕事

留学や海外インターンシップと聞くと、お金を払って勉強しに行くものと思われがちですが、海外有給インターンシップの中には、「留学なのに儲かる仕事」が存在しています。日本での認知度は低いのですが、オーストラリアのオペア(家事代行)という職業です。特に女性の方は必見です。

 

滞在費・食費0円

お金がないから長期滞在は無理だと諦めるのはまだ早いですよ。オペアの仕事ならホームステイ先の家庭での滞在費・食費がすべて無料です。その上、フルタイムで働けば給料も貰えるため、滞在費0円ではなく、プラスで儲かる仕組みになっているんです。

 

オペアの仕事内容は?

家事や育児のお手伝いをする家事代行の仕事です。掃除、洗濯、料理、子供の世話などを担当します。比較的、オペアを募集しているホームステイ先では2歳〜4歳くらいの子供がいて、ベビーシッターと家事をしてほしい家庭が多いようです。

 

もちろん家庭によってカラーが異なるため、あなたと相性の良いホストファミリーに出会えるように、留学エージェントが事前にマッチング相談をしてくれます。

 

例えば、女の子ばかりの家庭、男の子がやんちゃで賑やかな家庭、ラブラドールを飼っている家庭、猫や鳥がいる家庭など。あなたの得意・不得意に合わせて選べます。

 

オペアはオーストラリアでは家族の一員です。緊張するかもしれませんが、暖かく迎えてくれる家庭が多いので、ホストファミリーとたくさんコミュニケーションをとって英語も上達しちゃいましょう。

 

nike 募集条件

  • 31歳まで
  • 5ヶ月以上の長期留学
  • 非喫煙者
  • 子供好き
  • 家族との交流を楽しめる人

nikeポイント

  • 滞在費・食費が0円
  • 給料支給あり(例:月-金1日8時間、1ヶ月¥77,184 x 5ヶ月 / ¥385,920)
  • 日常会話力が必然と身につく
  • ホストファミリーと絆を深めることができる特別な仕事

nike こんな人におすすめ

  • お世話が好き。些細なことにもよく気がつく方
  • 帰国後、保育士や先生など子供のための仕事に関わりたい方

nike2 ここがデメリット

  • 家事、ベビーシッターという仕事の性質上、勤務時間以上かかることもある
  • 常に家族と一緒にいるため、ストレス発散(休日は外出など)が必要

 

まとめ

家族とコミュニケーションを十分に取ること、それがオペアの仕事で1番大切なことです。ホストファミリーの母親や父親から育児の悩みや、家庭の相談をされたら、あなたは信頼されるオペアになったという証拠です。

 

表面上の付き合いがどうしても多くなる社会人生活の中で、オペアは周りの人たちと絆を深めることのできる数少ない仕事の1つです。オーストラリアという広々とした環境の中で、現地の人たちの暮らしを一緒に体験できる点も魅力ですね。

 

オペアの仕事は「ディーサイド留学センター」で取り扱いしています。海外で働く!有給インターンシッププログラムから資料請求してみましょう。ディーサイド留学情報センターは、スタッフ全員が留学経験者という珍しい留学エージェントです。帰国後の就職サポート体制も完備しているため安心できます。

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

留学先には、受け入れ条件や定員数があります。就きたい職種が締め切られて応募できない!と、後々焦らないように、早めにパンフレットを取り寄せて確認しておきましょう!
HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪