海外インターンシップには申し込み期間があります。留学先の国や、受け入れ先企業によって異なるため、早めにパンフレットを取り寄せて募集要項を集めておきましょう!
HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪

フィリピン留学費用は16万円!7割がリピーターになる秘密

留学したい!だけどお金がないから、とあきらめていませんか?たしかにアメリカやカナダなど、日本から遠くて日本と同じかそれ以上に生活費のかかる地域への長期滞在はそれなりの資金が必要です。

 

経済的な理由で留学をあきらめてしまう前に、是非あなたに検討してみてほしいのが「フィリピン留学」です。

 

実際にフィリピン留学から帰国した人のうち、約7割 がリピーターになるくらい人気があります。でもフィリピンってどんな国?英語勉強できるの?治安とかは大丈夫?フィリピン留学についてまとめてみました。

2011年フィリピン政府観光省「フィリピン英語留学意識調査」

 

フィリピンってどんな国?

nike 世界第3位の英語公用国

フィリピンに住んでいる人は約1億人。そのうち9割以上の人が公用語として英語を話すんです。テレビやラジオの放送も英語、小学生もみんな英語を話します。映画館に行っても字幕はなくて、すべて英語で上映されているんです。思った以上に、フィリピンって英語圏な国なんですね。ちなみに英語公用国1位はアメリカ、2位はインドです。

nike フレンドリーな国民性

日本人は真面目な性格だと言われますが、フィリピン人はオープンでフレンドリーな性格であると言われています。南国特有の明るい環境がそうさせるのかもしれません。

 

アジア圏の中では先進国である日本を尊敬している親日家も多く、日本文化が好きな人もたくさんいるんです。またフィリピンは他民族国家。そのため人種差別意識を持っている人もほとんどいません。

nike 日本から近い!

東京から約4時間半で行けます。時差は1時間だけで、時差ボケにはなりません。さらに4週間までの短期留学であれば、ビザ不要という国内旅行並みのお手軽さ。大阪、名古屋、福岡からも直行便で渡航できます。

nike コストパフォーマンス抜群!

物価は日本のおよそ 1/2〜1/5と言われていて、タクシーの初乗りが約95円(40ペソ)です。サラリーマンの平均月収が約59,000円(2万5000ペソ)。

 

日本円で3万円を両替したら1万5000ペソぐらいになるので、現地通貨で約15万円相当になります。日本に比べると何から何までとにかく安いです。もっとも安いのが人件費。したがってフィリピンでの労働はおすすめできません。

 

ちなみに日本食レストランは高いです(1食1000円ほど)。現地の貨幣価値に対してかなり割高です。

nike 世界有数のリゾートアイランド

マリンスポーツや、アクティビティ、ショッピングなどリゾート地ならではの楽しみがいっぱいです。留学期間中は、現地の語学学校では国籍の違うクラスメイトと英語を学ぶので、休みの日はみんなで遊びに出かけるパターンが多いみたいですね。

 

留学先で過ごす週末リゾート、しっかり学んでしっかり遊んでください。

 

フィリピンの治安は大丈夫?

日本より治安のいい国は、シンガポールぐらいでしょうか。よって日本に比べるとフィリピンも治安は悪いと言えます。言葉では伝わりにくいため、どれくらい悪いか数字とデータで見てみましょう。

 

人口10万人あたりの犯罪統計

(2008年世界保健機関WHO調査)

イギリス 147.2件
アメリカ 141.8件
カナダ 97.1件
オーストラリア 78.3件
フィリピン 9.5件
日本 3.4件

 

犯罪に巻き込まれないので安心してくださいとは、私も言い切れないのですが、私がおすすめしている留学エージェントでは、フィリピンでもっとも国際的な観光都市である「セブ」に短期留学生を派遣しています。セブは観光業で収益を上げているリゾート地のため、フィリピン政府も安全確保に力を入れています。

 

個人的に私が気をつけてほしいのがお財布の盗難です。海外旅行はどこの国に行く時もそうですが、お財布を2つに分けておきましょう。普段出し入れする財布と、常に身につけておく緊急用の財布です。

 

海外旅行時に、普段出し入れする財布は100均の財布がおすすめです。できるだけお金が入ってなさそうなやつがベストです。

 

あとは現地の人が来ている服と、なるべく近いものを着ることも効果的です。見るからに観光客だと分かると、どこの国でも悪い大人が寄ってくるのが海外です。

 

フィリピンでは、できるだけお金を持ってなさそう〜なシンプルな服を着るのがいいですね。犯罪対策はそれぐらいで十分かと私は思います。

 

授業、食事、宿泊を含め16万円!

授業(1日8時間)、1日3食、宿泊費、ルームサービス(洗濯、掃除)、その他留学に必要な諸々の費用込みでこの値段です。休みの日に遊びに観光するとしても、物価が安いのでそんなに多くのお金は必要ありません(目安として:現地のサラリーマン平均月収が約59,000円)。このプランなら、20万円もあれば十分だと考えられます。

 

現地語学学校「LIFE CEBU」

私の紹介しているフィリピン留学エージェントは、2004年設立の現地語学学校「LIFE CEBU」と業務提携を結んでいます。

 

1日8時間(マンツーマンレッスン4時間+グループレッスン4時間)スピーキングとリスニングをバランスよくトレーニングできるカリキュラムを実施しています。

 

また学校に寮が併設されているため、通学不要。1日3食の食事に加えて、面倒な洗濯や掃除も全てルームサービスに任せちゃって大丈夫。英語習得に集中できる環境が整えています。

 

建物内にはプールやジムもあるため、夕食後のフリータイムやちょっと空いた時間などにリフレッシュすることもできます。環境・設備・安全面ともに充実しているため滞在期間中は不自由なく生活できます。

 

まとめ

留学生の7割がリピーターになる秘密は、コストパフォーマンスの良さに尽きると思います。アメリカやカナダなどの欧米留学は、そう何度も行けるようなものではありませんが、フィリピン留学ならそれが可能です。

 

再訪した時に、前回お世話になった先生や現地の人と再会できるところも嬉しいですよね。特に派遣先のセブは、観光スポットもたくさんあるので、1度の留学では遊びきれずまた行きたくなるのもリピーターが増える理由だと思います。

 

フィリピン留学について、少しでもイメージできるようになりましたでしょうか?正直、一般的に短期インターンシップは費用がかかりキャリアにもならないので、このサイトではおすすめしていないのですが、フィリピン留学は例外です

 

純粋に英語力を高めることが目的であれば、コスパも良いですし自信を持っておすすめします。

 

フィリピン留学については「ヒューマンアカデミー」で取り扱いしています。フィリピン留学いいかも?と思ったら、パンフレットを取り寄せておきましょう!留学には申込期間があるので、前もって情報だけは集めておいたほうが有利です。

 

フィリピン留学なら【ヒューマンアカデミー】

 

ちなみにフィリピン留学を1ヶ月申し込むと、渡航前にオンライン英会話レッスンが1ヶ月1円で利用できます。帰国後は、人材コンサルティング会社のノウハウを活かした就職サポートもついているため安心です♪
 

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

留学先には、受け入れ条件や定員数があります。就きたい職種が締め切られて応募できない!と、後々焦らないように、早めにパンフレットを取り寄せて確認しておきましょう!
HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪